HOME企業情報TOP > 沿革

沿革

1957年(昭和32年) 野村證券から分離独立、ビルの賃貸・管理を主業務として
不動産事業を開始
1959年(昭和34年) 仲介業務を開始
1961年(昭和36年) ≪鎌倉・梶原山住宅地≫の開発でデベロッパー業務を開始
1963年(昭和38年) 信託銀行と提携して当時画期的な長期ローン制度を実用化
  ≪コープ竹の丸≫の建築でマンション分野に進出
1964年(昭和39年) 大阪支店最初の住宅地≪枚方住宅地≫を開発
1965年(昭和40年) 旧本社社屋≪江戸橋ビル≫完成。鑑定業務を開始
1969年(昭和44年) 本格木造住宅「野村ホーム」を開発、住宅建築分野に進出
1972年(昭和47年) 「野村マイホームサークル」制度発足、会員募集開始
  フィジー島の別荘地分譲を開始、海外事業に進出
1975年(昭和50年) インテリアの販売、設計、コンサルティング業務を本格的に開始
1978年(昭和53年) ≪新宿野村ビル≫完成(昭和50年7月着工)、
本社を日本橋から≪新宿野村ビル≫に移転
1981年(昭和56年) 土地有効活用事業を新しく「ペアシステム」と名付け
本格的に事業を開始
1982年(昭和57年) 不動産流通機構として、「野村住宅流通センター」発足
1983年(昭和58年) 「NOMURA REAL ESTATE INTERNATIONAL INC.」を
ロサンゼルスに設立し、海外での不動産賃貸事業に進出
1985年(昭和60年) ≪鶴川緑山住宅地≫分譲開始
1988年(昭和63年) 民間単独では最大級の業務系開発≪横浜ビジネスパーク(YBP)≫を着工
1989年(平成元年) オーストラリア・シドニー≪ダーリングパーク≫プロジェクト始動
  ≪鶴川緑山倶楽部≫オープン。フィットネス事業に進出
1992年(平成4年) ≪八千代公園都市住宅地≫分譲開始
1994年(平成6年) 広島西部丘陵都市≪西風新都≫≪A.CITY ヒルズアンドタワーズ≫分譲開始
1995年(平成7年) メガロスブランドの1号店≪メガロス草加エグザス≫オープン
1999年(平成11年) 関西学術研究都市≪けいはんな公園都市≫分譲開始
2001年(平成13年) 流通事業部門を独立、「野村不動産アーバンネット株式会社」営業開始
  フィットネス・クラブ運用会社
株式会社エヌ・エフ・クリエイトを「株式会社メガロス」に商号変更
  ≪横浜ビジネスパーク≫計画全11棟完成
  不動産投資プライベートファンド運用会社、
「野村不動産インベストメント・マネジメント株式会社」を設立
2002年(平成14年) 国内初の不動産オポチュニティ・ファンド
「日本・不動産オポチュニティ・ファンド(JOFI)」を組成
  ≪千都の杜住宅地≫分譲開始
  住宅の統一商品・サービスブランド「プラウド」を発表
2003年(平成15年) 「野村不動産オフィスファンド投資法人」、投資証券を東証に上場
2004年(平成16年) 野村不動産ホールディングス株式会社による持株会社体制へ移行
2005年(平成17年) 収益不動産開発事業
≪イオン八千代緑ヶ丘ショッピングセンター≫オープン
  不動産証券化商品を対象とした投資顧問事業を行う
「野村不動産投資顧問」設立
2006年(平成18年) 野村不動産の持株会社である「野村不動産ホールディングス株式会社」が東京証券取引所市場第一部に上場
2007年(平成19年) 「野村不動産レジデンシャル投資法人」、投資証券を東証に上場
2007年(平成19年) 「株式会社ジオ・アカマツ」が野村不動産グループの一員へ
2007年(平成19年) 「株式会社メガロス」がジャスダック証券取引所に上場
2008年(平成20年) 「NREG東芝不動産株式会社」が野村不動産グループ入り
2011年(平成23年) グループ内の資産運用会社3社が統合し、
「野村不動産投資顧問株式会社」が誕生
2013年(平成25年) 「野村不動産マスターファンド投資法人」、投資証券を東証に上場
2014年(平成26年) グループ内の管理会社2社が統合し、「野村不動産パートナーズ株式会社」が誕生
2015年(平成27年) シニア向け住宅の開発、運営を行う「野村不動産ウェルネス株式会社」を設立
2015年(平成27年) 「NFパワーサービス株式会社」を設立