安心の等価交換。
資金負担なしで、新しい家に建て替えることができるとお考えください。

大きな土地を保有していると、維持費や税金の負担等の悩みがあります。等価交換なら建て替えする際に負担なく建て替えが可能。しかも、オーダーメイドシステムや「プラウド」ブランドで定評のある野村不動産のより質の高いマンションを建てることで、より価値の高い資産創出を目指します。

大切な土地と絆が続き、しかも、資金や手間がかかりません。

等価交換とは、土地オーナー様が保有している土地と、その土地に建つ新しいマンションの一部を交換する方法のことをいいます。土地オーナー様は原則として資金負担や煩わしい手続きなしに新しいマンションを取得できることとなり安心して資産活用ができます。

等価交換にはこんなメリットがあります。
大切な土地との絆を保ち続けます。
人によって様々ですが、先祖代々の土地など長年住み慣れた場所から離れたくないものです。等価交換の場合、土地については共有持分を持つことになるので土地との絆を保つことができます。
借入金や煩わしい手続きなしで、新しいマンションを取得できます。
等価交換の場合、提供する土地に見合うマンション持分を取得されますので借入金等は必要ありません。煩わしい手続きも野村不動産が代行致します。
マンションのプランに希望が反映できます。
等価交換で取得される部分については、オーダーメイドシステムを活用し間取り・設備・仕様の希望を反映させることが可能。外構計画に庭の樹木などを組み入れることも可能です。
分譲マンションだからグレード感が違います。
出来上がる建物は野村不動産の分譲マンション仕様の建物なので、一般の賃貸マンション等に比べ品質へのこだわりが違います。設備仕様も最新のものをご用意致します。
税務上の特例があります。
優良住宅の建設など一定の条件を満たせば譲渡所得税の課税の繰り延べや軽減措置を受けることができます。また、賃貸に利用される場合には相続税評価が軽減されるなど、税務上のさまざまな特例が利用できます。
 
Q&A
Q1:相続税が発生した場合は?ANSWER

土地を相続するのではなく、交換して取得したマンションの各住戸を単独所有する区分所有形態となるので、土地として持っているより相続発生時の遺産分割が容易(注1)です。
(注1:等価交換により複数戸取得の場合)

Q2:なぜ、等価交換は安心なんですか?ANSWER

野村不動産がマンションの建設に必要な資金を全額出資します。土地オーナーは原則として借入金なしでマンションを取得できますので、返済リスクがありません。
 

Q3:建物全体の管理はどうなるのですか?ANSWER

マンションの管理は管理組合形成後、管理組合から野村不動産パートナーズ(株)が委託を受け、日常の清掃から植栽の管理まで、迅速で質の高い管理を幅広く行います。
 

土地の有効活用に関するお問合せはこちらから